脂肪由来幹細胞とは

脂肪由来幹細胞とは

「幹細胞」とは

初めに、幹細胞についてご説明します。幹細胞は、体の組織を保つ為、細胞分裂を繰り返し自身と同じ細胞を作る機能があります。それを自己複製能と言います。また、幹細胞には、別の種類の細胞に分化(変化すること)を行うことができることで、脂肪や骨などを作ることができます。この自己複製能と分化能を利用することが再生医療となります。

「脂肪由来幹細胞」とは

脂肪由来幹細胞とは、体の脂肪から採取された幹細胞のことです。脂肪に含まれる幹細胞である為、脂肪への分化能をより持っており、脂肪組織を保つための自己複製能が高い特徴があります。

脂肪由来幹細胞の働き

少なくなった脂肪を補充

注入した脂肪は、時間の経過(寿命)により徐々に少なくなっていきます。幹細胞は脂肪の減少に対し、脂肪に変化することで体積の減少をおさえてくれます。

血管を作る働きを助ける

幹細胞が作る「成長因子」が、注入脂肪の中で血管を作る働きを促進します。
血管ができることで、脂肪細胞へ栄養と酸素が送られ、より多くの脂肪が生着・持続できるようになります。

幹細胞の抽出と培養

脂肪由来幹細胞の抽出方法

ご自身のお腹や太もも、おしりなどから少量(小さな消しゴム程)の脂肪を抽出します。抽出の際は、麻酔を行い、専用の針もしくはメスにて切開し脂肪を採取します。(※採取時の傷口は大きくなく目立たない処置となります。)
また、培養された細胞をご自身に移植する際に、ご自身の脂肪を移植量にあわせて脂肪吸引を行います。吸引脂肪を実施する際の傷口は専用の針のみの大きさで目立つことはありません。

専門の細胞培養センターにて管理・培養

特定細胞加工物製造施設として国から認可された施設にて、厳重な管理体制の下に採取された脂肪から幹細胞を無菌環境下にて培養します。