脂肪再生医療による治療

脂肪再生医療=幹細胞を増やす治療

幹細胞を活性化して増やす「脂肪再生医療」

自分自身の細胞から「脂肪由来幹細胞」を抽出し、細胞培養センター(CPC)で増殖・活性化。
幹細胞の密度が非常に高い脂肪を注入することで、脂肪の生着率を向上させた治療です。

脂肪由来幹細胞を増やすメリット

幹細胞が増えると
注入脂肪の定着率が大幅にUP

脂肪から幹細胞を抽出し、注入用の脂肪と混合して不足していた幹細胞を補うことで、注入脂肪の生着率を高めることが可能です。

柔らかく温かみを感じる自然な仕上がりを実現

自分自身の脂肪組織を注入するので、仕上がりは非常に柔らかく自然になります。
幹細胞の働きにより、注入脂肪が吸収されたり壊死してなくなってしまうことを抑えてくれるので、柔らかい手触りや温かさといった自然な状態を保つことができます。

半永久的に注入脂肪が持続

脂肪由来幹細胞は、脂肪の中で血管を作る働きを助けてくれます。
脂肪の中に血管がつくられることで、すでに体内に存在している他の脂肪と同様に酸素と栄養が運ばれるようになります。
そのおかげで注入脂肪の生着率が非常に高く、自然で柔らかな仕上がりが実現できるようになりました。
血管が栄養を運び、体の一部となった脂肪は半永久的に持続していきます。

安全性が高い

脂肪再生医療の治療で使用する注入脂肪・脂肪由来幹細胞はすべてご自身の脂肪から抽出したものだけを使うため、異物反応の心配がありません。
従来の脂肪注入では「しこり」の発生リスクがありましたが、しこりは「生着しなかった脂肪」が変化したものです。幹細胞の働きで脂肪の生着率が向上する事で、しこりができるリスクも少なくなります。