従来の脂肪注入との違い

従来の脂肪注入術

吸引した脂肪をそのまま注入

コンデンスリッチ(CRF)
ピュアグラフト

脂肪注入は、ご自身の太ももなどから吸引した脂肪をバストや顔のへこみへ注入することで、ふっくらとしたボリュームを与える治療です。
皮下脂肪の多い場所、腹部や太もも、二の腕などから脂肪を吸引して使用します。
多くの場合は、遠心分離や専用フィルターで脂肪内の不純物を取り除いて使用します。

デメリット
  • 脂肪注入の生着率はおよそ15〜20%。
  • 注入した脂肪が壊死、石灰化してしまうことで、しこりが発生する場合がある。
  • せっかく治療しても、効果が持続しないことがある。

脂肪由来幹細胞を使用した治療の種類

1.幹細胞を混ぜる治療

非培養脂肪幹細胞を混合する脂肪増大術

セリューション
CAL

一般的に豊胸などの治療で導入されているのはこの治療法になります。
混ぜるために必要な幹細胞をご自身の脂肪から抽出するため、多くの脂肪吸引が必要になります。
そのため、やせ型の人には治療が難しかったり、治療時間も長くなるため患者様の負担も大きくなってしまうことがデメリットになります。

2.幹細胞を増やす治療

培養脂肪再生医療

採取した少量の脂肪から脂肪由来幹細胞を培養できるため、付加する幹細胞の量が非常に多いことが特徴の治療法です。
採取する脂肪が少量になることで、体への負担の軽減できること、脂肪が足りずに治療が難しかった痩せ型の方でも治療を受けることが可能です。
治療を行う前に脂肪を採取・培養するため、採取日と治療日2回の来院が必要になります。